包茎治療の情報ブログ

こどもの包茎については、さまざまな議論があります。包茎の種類と治療についての情報が満載です。医学会の中でも賛否両論存在しているのです。治療を決断しても手術までにいくのか、翻転治療で止めるのかについては、慎重に議論されています。ペニスは主に14〜16歳の思春期、第二次性徴期に成長します。少なくとも25歳までは伸び続け、包茎が解消されることも多いです。なかには25歳までは大きくなり続けると主張する医師もいます。医師の中には、小児の段階では、包茎が自然なので真性・仮性の区別をすること事態ナンセンスであるし、小児の段階では、病気とはみなさないとする意見もあります。ですから、小さな男の子を持つ母親のなかで「うちの子は包茎かもしれない。どうしよう」などと深く思い悩まなくてもいいのです。もちろん、将来に備えて早期の段階で治療をするというのも一つの選択肢です。ただ、性器は思春期から25歳くらいにかけて成長するということ、小児の包茎は病気ではないということは知っておくべきことでしょう。大切なのは、治療するにしてもしないにしてもお子さんの肉体的・精神的苦痛が少しでも少ない選択をすることです。また、思春期で自分の性器に思い悩む男子も多いことでしょう。年齢的にも性的なことが気になる時期ですから、それ自体は自然なことです。しかし、前述したように性器は成長します。また、どうしても気になるというのなら無理の無い範囲で少しずつむいていくという方法で改善した人も大勢いるということも知っておくべきことでしょう。包茎手術は、包皮を切ってしまうという方法です。手っ取り早い治療法ですが、性器に傷跡が残る場合がありますし、神経などに異常をきたす恐れがあります。医師も少なくとも小児に対する手術に対しては懐疑的な人が多いです。最近では、包皮翻転法が一般的です。これは、手で少しずつ包皮をむいていったり、薬を塗って剥いていかせる方法です。手術と違って、数ヶ月・数年という時間がかかってしまう方法で、時には、母親が途中で挫折してしまうケースも多いようです。手で包皮をひっくり返す方法は、無理をすると出血したり癒着が起きたりしてしまったり感染症にかかることもあるので、十分な注意が必要です。包皮をむく薬は、ステロイド剤を使います。これを陰部に塗っていくことで皮が柔らかくなりむきやすくなります。それに対して、ホルモン剤を使う場合には、副作用が出現することがあります。医師と相談しながら行なうのがいいでしょう。

MENU

包茎治療の情報ブログ